徒然ならぬ人生

nobusi.exblog.jp
ブログトップ
2004年 05月 05日

音響機器講座初級編(ボケなし)

ども。ネタがなくなってきたので新コンテンツ追加です。
いつもの調子のボケ(挫折)を期待してしまった方には申し訳ありませんが、
ボケなしで行きます。

しかし、タイトルでは初級編って書いてるのに、
難しそうに見えるのはなんででしょうね?
(漢字ばかりだからでしょうか?)

プロユースの機材を紹介してもしょうがないので、
ご家庭で使える無駄知識を紹介します(無駄?)。


まず、一般的に電気屋さんでコンポのセットを買ってくると、
大体そのセット内容は

・スピーカー
・アンプ
・再生機器
・エコライザー
・エフェクター

で構成されてます。
もっとも、下の二つは、しょっぼいのしか付いてなかったり、
付いてないかもしれません。

まぁ、こんな風になってますが、
実は必要なのは上の3つだけです。


それぞれの役割を説明して、今回は締めましょう。

・スピーカー
音を出すところです。
これが、一番音の良し悪しに関係します。


・アンプ
音を増幅します。これがないと、ヘッドホンで聞くしかなくなります。
2番目に音の良し悪しに関係します。


・再生機器
CDプレイヤーや、カセットテープ再生機、
レコードプレイヤーなどがこれにあたります。
 それぞれのメディア媒体から、音を読み出し、
アンプにその音を送るのが役目です。


・エコライザー
音の周波数によって、その音をどの程度出すのかを決めます。
好みの音を出したり、ハウリングを切るのに使います。


・エフェクター
音を重ねたり、伸ばしたり、音に深みを出すなどの
スパイス的要素に使用します。


長くなるのもなんなので、今回はここまで。
質問などがあれば、受け付けます。
答えられる範囲で答えます。んでは。
[PR]

by nobu-si | 2004-05-05 18:29 | 音響機器


<< 良いスピーカーの選び方      ブログの更新 >>