徒然ならぬ人生

nobusi.exblog.jp
ブログトップ
2004年 12月 06日

面白いもん発見。

珍しく、連続投稿すると、明日は休む気ではないかと
勘ぐられそうそうでなので、それをかわす掴み文を書いてしまいます。のぶしです。

atuko-kさんのところからトラバ。なんでだーー!

中々面白い物を紹介してます。

あなたの心を見透かす水晶です。


まずは、2桁の数字を思い浮かべてください。 例:23

次に、十の位の数字と、一の位の数字を足します。 例:2+3=5

今度は、最初に思い浮かべた2桁の数字から、
さっき足し算して作った数字を引きます。     例:23-5=18

こちらを開きます。

さっき計算して出した数字の右にある記号を覚えて、水晶をクリックしてください。


いかがでしたか?
きっとあなたが覚えていた記号が出てきたはず。

不思議でしょ。






からくりが、わかっても言わないのが、大人の嗜みって奴です。
でも、どうしても知りたい人は、言ってくれれば教えますよ。

僕子供だからわからな~~~い。<最低


ってなわけで、どうなってるのか書いちゃいますので、
読みたくない人は、読まないでくださいね。













































これだけ空ければ大丈夫かな?

んでは解答です。

まずは、上記の計算を数式にしてみましょう。

十の位の数字を X 、一の位の数字を Y に割り当てます。
すると、上記の計算は、


(10X + Y ) - ( X + Y ) = ?


で、これを解こうとすると、
途中式とかすっ飛ばしますけど、


(10X + Y ) - ( X + Y ) = 9X


になるわけです。
つまり、どんな数字を思い浮かべようとも、
必ず十の位の数字の9倍になるのです。

それから、あのサイトの表を見てみましょう。
9の倍数の記号はみんないっしょになってるでしょ。

そして、水晶を押すと・・・9の倍数にあった記号が出てくるでしょ。

で、“Try again”を押すと、記号が入れ替わっているので、
次回に何らかの数字を思い浮かべた時は、別の記号になるので、
このからくりに気付きにくいと。


以上、お粗末ながら、からくりの解答編でした。

by nobu-si | 2004-12-06 00:15 | PC


<< 怪我      理論値 >>