徒然ならぬ人生

nobusi.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 07日

真夜中の散歩

趣味人のようで、無趣味のようで・・・。のぶしです。


昨夜は、真夜中に散歩していました。


午前4時の空気は冷やりと気持ちよく、
普段の街の喧騒を忘れたかのようだ。

夜の街は、いつもみなれた街とはまるで違う。
普段なら人が車が溢れている道路。

今見渡す限り俺一人。

夜の静けさは、俺を優しく包み込む。
優しくもあるが、孤独を再認識させられる厳しさもある。

結局人はどこまで行っても一人なのか・・・。

夜の散歩は、哲学的でもある。


って、好きで歩いてるんじゃなく、
午前4時に仕事が終わってほっぽり出されただけなんですけどね!
[PR]

by nobu-si | 2005-10-07 21:32 | とるにたらない日記


<< 予想通りの結末      Let's 実験 >>