徒然ならぬ人生

nobusi.exblog.jp
ブログトップ
2013年 03月 07日

腕時計の価値

もしも自分が主人公だったら、
自分の人生は確実にコメディー作品だと思う。
そんな日常。のぶしです。

本日母につきあって、
時計店まで行ってきました。
父にある程度の腕時計を贈るのだそうです。

予算がある程度決まってて、
どれが父が一番喜ぶか相談されましたが、
きっとパチンコに行く資金を渡すのが
一番喜ぶなんて、言える訳もなく・・・。

ちなみに、最高の技術と正しい価格と思うと
国産になるんですね。

当初想定よりも安くなったら、
余った予算をコンサルタント料として
いただけないかしら・・・?
[PR]

by nobu-si | 2013-03-07 17:49 | とるにたらない日記


<< な、病める子羊たちへ      酒と説教 >>