徒然ならぬ人生

nobusi.exblog.jp
ブログトップ
2005年 02月 15日

贈り物

思ったより長くなって、遅くなりました。のぶしです。


実は一休’s12には、始まる前からネタが用意されました。
始まる前とは、プレゼントを買いに行ったときの話です。

プレゼントにはサプライズの意味が多少はあった(と思う)ので、
書けずにいました。


プレゼントを買いに、某有名雑貨屋に行くと、
店内はバレンタイン一色。

決して高いものを置いてあるお店ではないので、
若い娘が鈴なりでした。

めっちゃ入りずらい・・・。

しかし、何店舗か回って、あまり良いものが見つかってないので、
ここで怯む訳には行きません。

意を決して店内に侵入。
楽しそうな女の子の群れの中に、一人佇むスーツ姿の男。

明らかにまわりの状況から浮いてました。
ってか、奇異の視線でこっちを見るな。


店内をぱっと見て・・・、7割ぐらいバレンタインコーナーなんですけど。
残りの3割に全てを託しました。

神はまだ私を見捨てていなかったようです。

男がもらっても、女がもらっても困らないようなもので、
値段的にも条件をみたしています。

万引きするかのような勢いでそれを手に取り、
レジへ直行します。


レジも、バレンタイン一色。
バレンタインのための包装を待つ女の子でごった返してました。

もう、いい加減慣れてきました(奇異の視線で見られるのに)。
周りに誰も居ないかのようにレジに近づき、支払いを済ませます。

こちらはプレゼントでしょうか?

もう、いい年こいた男が、こんな安物をプレゼントだなんて言わなければ
ならないだなんて・・・、新手のプレイか!


もちろんプレゼントなので、「はい。」と答えます。
するとお姉さんの説明がその後に続きます。

ラッピングは、こちらの普通のと
 バレンタイン用のがありますけど、どちらになさいますか?



俺が、バレンタインに贈り物をするように見えるか!
[PR]

by nobu-si | 2005-02-15 01:42 | とるにたらない日記


<< 目指すところ      花 >>